読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いもんつたえ隊 【映画でじぶんを変えてゆこう】

映画を中心に、漫画や小説など面白い作品を紹介していきます!!

「君の名は。」 行ってきました!

いや~流行っていますね、「君の名は。」。テレビでもCMはそれなりに流れていますし、『スッキリ』などTVでも紹介されてました(加藤浩次さんは新海誠監督の大ファンだそうです)。「君の名は、君の名は~」の掛け合いは観てない人でも頭に残っているんじゃないのでしょうか。そんな「君の名は。」先週の水曜日(9/14)に観てきましたので、そのときの状況から。

 

入場前

映画館(大型ショッピングセンターに併設されてる、田舎の典型!)まで5km自転車走らせて行きました(都会は映画館まで歩いて行けるんでしょうか? どうなんだろう? う~ん都会に住みたい!)。上映の3時間前にチケットを買いました。そのときは席が2割ぐらいしか埋まってなくて、田舎はこんなもん? 平日だから? 流行してるのはネット上だけ? って不安になりました。で、始まるまでブラブラして(主に本屋)。上映の20分前に映画館に戻ってフロントで正方形のクッキーみたいな色味のクッションに座って待ってました(フロントの座れる場所はほぼ満席、それ以外にもチケットを買うために並んでいる人、ポスターや宣伝映像の前でじっと立つ人、たくさんのお客さんがいました。平日かつ田舎なのに!「君の名は。」効果で映画全体が活性化されてるのか!?)。待ちに待った「君の名は。」入場アナウンスがされまして、入場口に行こうとしたんですが……

 

唖然、カップル多し

人が一斉に動き出しましてね、一瞬で列ができました。こんなにいたの!?って思いました。しかもカップルの多いこと多いこと。ネットでカップルだらけって書かれてましたがあれって本当だったんだあ、って遠い目になりましたよ、トホホ……。まあこそこそっと列の後方に並んだんですけどね、前がまぶしすぎる。オシャレさんが多くて列がカラフルでした。そんななか、上グレー下カーキのイケてない服装をしている自分(おまえらアリになれ)。浮いてましたね~、でもここまでくると変に度胸が出てきますね(俺は俺や)。浮いてるといえば中年女性やご老人の夫婦も並んでいました(目で追って「君の名は。」のスクリーンに入っていくところも確認)。なるべく顔をさらさないように下を向きながらスクリーンに到達。

 

脅威はカップルだけじゃない!

結局席は7~8割ほど埋まってました(一気に増えるんですね、人少なくてよかった~なんて思っていた自分を殴りたい)。カップルは多いですが年配の方も十人ぐらいいたのは驚きでした! 家族連れではなく、ソロか夫婦での来場のようでした。そして、みたくない光景が……。リア充の団体様、おな~り~。男女8人ほどの集団がぞろぞろとやってきまして。会話もピカピカしてて。もうやめてくれませんか。HPが、HPがもう……。非リアにはつらい世界やね、ほんと。まあ暗闇になってもスマホが光っていて、どんだけ繋がっていたいんやと思いましたけども。

作品は良かったです。具体的な感想はまた後日。

では。

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
 
君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)