読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いもんつたえ隊 【映画でじぶんを変えてゆこう】

映画を中心に、漫画や小説など面白い作品を紹介していきます!!

【良いもんつたえ隊】 最初のご挨拶

 

はじめまして、【良いもんつたえ隊】と申します。

いま、手を震わせながら書いております(こんなに緊張するもんなんですね)。というか、心臓の微振動が30分前(ブログ開設の準備をしていたとき)から止まりません!蛾の羽ばたきのように高速振動しております。これも、ブログの醍醐味なのでしょうか。ちょっと自信がなくなってきました。

文章を作成する機会、誰にでも色々あると思うんですよ。さいしょは読書感想文から始まるのかな? それから運動会の感想発表会(そんなのなかった?)、高校入試の小論文、大学の卒論、会社や研究室でのプレゼンテーションへと続いていって。大体(てか全て)いやなイベントなんですけどね……。まあでもこう振り返ってみますと意外と書く機会ってありませんね。イベント無理にやんなくていいっすよ先生方。ビバなにもない日常! 非リアっぽい感想ですか? もっと自信なくなってきました!

さて、文章って三つの形態があります(と思います)。論文、エッセイ、小説。このうち僕は論文を書くのが好きです(みなさんはどれが好きですか?)。大学で試験フィーバーの時期になるといっつも、「論文で、論文でお願いします教授」と祈ってました(学期最初に配布される便覧にたいていテスト方法について書いてあるんですけどね。知るわけありません、下の部分にチョロっと記載しやがって。追試という魔の確変に入るとまずいので、記述式でも赤点はクリアしました、しましたとも)。やっぱ論理的に考えるのって楽しいじゃないですか(ああ? 論理なんてどうでもいい、はなし長いんじゃ結論だけしゃべれって?)。AはBだ、BはCだ、よってAはCである、的なやつ。そういう文章が僕は好きですね。

一方、エッセイ調の文章を書くのは苦手です(読むのは好きです)。みんなよく書けるなあ上手いなあ、と日々感じております(劣等感とともにね、クソー)。小学生の時もさることながら、高校生になっても読書感想文は「あらすじあらすじあらすじあらすじ感想(以下ループ)」って感じであらすじ特盛でしたね。どこさがしても肉が見当たらないぞ、と。僕の読書感想文を見た友達は絶句してましたね。こんなやつがブログ続けられるのでしょうか。自信ゲージはもう赤色です。ピコンピコン鳴ってます。でもがんばってわかりやすく読みやすく書いていこうと思います!

文章がだらだら流れてしまってページが油まみれですが、まともに歩けていますか? オールスター感謝祭のローション相撲のようなハッタリだけで転びまくりのブログになるかもしれませんが、なにとぞよろしくお願いいたします!

自信、永遠の0!!